DevToysの1.0.1.0から1.0.3.0への変更点

前回、DevToysについて書いた直後に、v1.0.2.0で日本語化されたりしたので、変更点をメモ。

devtoys.app

環境

DevToys v1.0.3.0。Microsoft Store経由でインストールした。

変更点

多言語対応

v1.0.2.0で日本語を含む多言語に、プラグインなどではなくネイティブで対応。v1.0.3.0で韓国語も追加されていた。

v1.0.2.0の時点では、新たに追加されたツールは翻訳されていなかったため、機能実装と翻訳にはタイムラグがあることもありそう。

v1.0.1.0時点で実装されていたカテゴリおよびツールのうち、英語と日本語で差異があるものは以下。

「すべてのツール」やカテゴリ名をクリックした際のカード表示では、「ツール名 カテゴリ名」で表示される。例えば、 Json <> Yaml であれば「Json <> Yaml 変換ツール」となっている。

日本ではあまりなじみのなさそうな、 Lorem Ipsum にダミーテキストである旨明記されたのはわかりやすい。

色覚異常シミュレーション では、「Protanopia simulation」、「Tritanopia simulation」、「Deuteranopia simulation」がそれぞれ「(P) 1 型 2 色覚」、「(T) 3 型 2 色覚」、「(D) 2 型 2 色覚」となっていた。

また、 PNG / JPEG 最適化色覚異常シミュレーション の順序が入れ替わった模様。

新ツール

GZip を利用した文字列の圧縮と展開

エンコーダー / デコーダー に追加。v1.0.3.0時点では、左フレームだと GZip となっている。

圧縮の場合、文字列をgzipで圧縮してからBase64変換する。展開ではその逆。

SQLフォーマッター、XMLフォーマッター

フォーマッター に追加。そのままSQLXMLのフォーマッター。

SQLフォーマッターでは、デフォルトの Standard SQL 以外に、MySQLPostgreSQLAmazon Redshiftなどを選択できる。

試してみたところ、SELECT句でのカンマ位置が行末だった。個人的には行頭につけたいが、変更はできない模様。

チェックサム

生成ツール に追加。ファイルを指定して、そのファイルのチェックサムを表示、およびテキストとの比較ができる。地味に便利。

ハッシュアルゴリズムは、MD5, SHA1, SHA256, SHA384, SHA512が選択可能。

画像フォーマット変換

グラフィック に追加。PNG, JPEG, BMPのいずれかを読み込み、同じくPNG, JPEG, BMPのいずれかに変換する。

PNG / JPEG最適化 と同様、フォルダ読み込みも可能。

ロスレス変換ということで、JPEGにしてもファイルサイズはそこそこ大きくなる。

Chocolatey対応

パッケージマネージャーとしては、v1.0.1.0の段階でWinGetに対応していたが、v1.0.3.0でChocolateyにも対応。

community.chocolatey.org

Microsoft Store経由でインストールすると、常に最新版になるため、バージョン指定してインストールしたい場合はChocolateyを使うのもよさそう。

振り返り

すごい勢いで機能追加されている。READMEを見ると and more are coming とあるので、まだまだ追加されそう。

とはいえ、個人的に便利だと思う機能は一通りあるので、増えすぎてメニューがごちゃごちゃしないかがちょっと心配。

余談

Mac版クローンのほうも結構な速度で開発されている模様。

2022/2/19時点で、オリジナルがGitHubスター8.1kに対し、クローン版は4.2kになっていた。

github.com